事前準備

注文住宅は事前の要望出しが肝心!優先順位を付けて一覧にしておこう

「注文住宅の家づくりって何をしていいかわからない・・・」という人も多いと思います。

そういった人たちのために、私の体験を踏まえて注文住宅の家づくりの流れを解説してきました。

実際に建てて分かった!失敗しない注文住宅の家づくり7つのステップ
失敗しまくった私だからわかる正しい注文住宅の家づくりの流れを教えます!注文住宅を購入するのは多くに人にとって一生に一度の体験です。 その為、「何から始めたらいいかわからない」という人も多くいらっしゃる...

この記事ではその工程の一つ、要望の洗い出しについて詳しくご説明します。

要望の洗い出しは注文住宅の家づくりにおいて非常に重要な工程です。

ここが満足のいく家づくりになるかどうかを左右すると言っても過言ではありません。

この記事では

  • なぜ事前に要望を洗い出さなければいけないのか?
  • どういった要望を洗い出せばいいのか?

についてご紹介していきます。

なんで事前に要望を出しておかないといけないの?

事前に要望を洗い出しておかなければいけない理由はただ一つ。

事前に要望を洗い出しておかないと出来上がった家に後悔が残りやすいからです。

家は多くの人にとって一生に一度の買い物です。

一度建てたら後戻りは出来ません。

「こんな風にしておけばよかった」「こんなのも取り入れたかった」と後から思いついても遅いんです。

なので、要望の詰まった理想の家を建てるために、事前の要望の洗い出しは非常に重要になります。

例えばどんな要望があるの?

要望の種類は人によってそれぞれ違います。

ここでは我が家が挙げていた要望をご紹介します。

我が家の注文住宅の要望
  • 日当たりのいい大きな窓が欲しい
  • 玄関は広く隣接した収納を付けたい
  • 洗濯物を多く干せるベランダが欲しい
  • 雨に濡れないで車に乗り降りできる導線が欲しい
  • リビングに子供が勉強できるスペースが欲しい
  • テレビは壁掛けにしたい
  • キッチンはオープンキッチンにしたい
  • 子供に各個室を与えたい
  • 家族共用の収納スペースが欲しい
  • リビングに吹抜けが欲しい
  • ウッドデッキを付けたい
  • コンセントは困らないだけ欲しい
  • 白の外観の家にしたい
  • 太陽光発電は付けたい
  • オール電化にしたい
  • 床暖房は付けたい

正直、これだけ挙げても実際出来上がった家は満足のいく家ではありませんでした。

要望出しの際には「どういう暮らし方をしたいか」という漠然としたことも含め、とにかく出せるだけ要望を出していくのが重要になります。

要望を出したら順位付けして一覧にしよう

要望を出したら要望に対して順位付けをしましょう。

注文住宅には必ず予算や建築条件などの制約事項があります。

予算や制約によって諦めなければならない要望も出てくると思います。

その時に「これだけは譲れない!」というこだわりが重要になります。

こだわりによっては他の要望を諦めて土地を見直さなければいけないかもしれませんし、他の要望を諦める判断をしなければいけないかもしれません。

これを注文住宅の打ち合わせをしながら行うと、後戻りなどの無駄な時間が発生することになります。

要望の順位付けを事前に先にやっておくことで、打ち合わせを非常にスムーズに進めることが出来ます。

さらに、一覧にしておくことで営業マンとの共通認識が取りやすくなります。

伝え漏れが無くなることで打ち合わせもスムーズになり「これが抜けている」といったイライラも少なくなります。

まとめ

注文住宅を建てた経験者として、要望の洗い出しの工程は家づくりにおいて非常に重要な工程だと思います。

ここで要望をしっかりと洗い出すことで

  • 土地
  • ハウスメーカー
  • 間取り
  • 設備

が決まってきます。

後悔しない家づくりになるかどうかはこの要望の洗い出し工程が胆になるので、しっかり「どんな家に住みたいか?」を考えて洗い出しましょう。

ABOUT ME
あっくん
あっくん
注文住宅業界歴11年の住宅メーカー社員。2017年10月にマイホーム購入。自分の家づくりの後悔をきっかけに家づくりについての情報を発信しています。