事前準備

注文住宅の情報収集ってどうやればいい?簡単にできる4つの方法

「注文住宅のアイデアを簡単に知る方法はないの?」

注文住宅の家づくりにおいて、情報収集は非常に重要です。

情報収集をしっかりしたかどうかで、家づくりの満足度が変わるといっても過言ではありません。

ただ、お仕事や育児をされている方の場合には注文住宅の情報収集になかなか時間を割けないというのも実情だと思います。

そこで、この記事では忙しい方でも簡単に注文住宅の情報収集ができる4つの方法をご紹介します。

ぜひこの記事を読んで、忙しい合間に注文住宅の情報収集をする術を身につけてください。

情報収集の方法① 知り合いに話を聞く

情報収集のやり方で一番簡単な方法は知り合いに聞くことです。

特に、「最近注文住宅で家を建てた!」という人の話は積極的に聞きましょう。

どういったところにこだわりを持って、どういったところを後悔しているのか実際に建てた人の話を聞くのは非常に参考になります。

お友達であれば、実際に家を見せてもらうとさらにイメージが付きやすくなります。

また、親に話を聞くのも非常に参考になります。

親目線で使い勝手が良かったところ、悪かったことを聞いておければ、自分が家を建てる時のアイデアにつながります。

特に使い勝手が悪かったところは自分が新しく家を建てて生活するうえでも重要な情報になります。

積極的に話を聞いておきましょう。

ハウスメーカーによっては居住者宅見学会を実施しているメーカーもあるので、そういうったイベントに参加して実際に住んでいる人から話を聞くのも参考になります。

情報収集の方法② 雑誌

本屋さんに行くと、注文住宅の雑誌も多く発行されています。

注文住宅の雑誌には間取りをはじめとした注文住宅購入についての情報が多く記載されているので、注文住宅を検討している時に参考になることが多く書いてあります。

特に、

  • HOUSING
  • SUUMO注文住宅
  • 家を買Walker

あたりは間取りプランやコンテンツが充実しているので、定期的に購入することをオススメします。

無料のものであればSUUMOが発行しているSUUMO注文住宅がオススメです。

情報収集の方法③ インターネット

インターネット上では、さまざまな方が注文住宅の家づくりをブログにして公開しています。

これらのブログを読んで情報収集するのも一つの方法です。

特に、『Web内覧会』として自宅の写真を公開している人のブログは参考にしましょう。

家づくりのこだわりや良かったこと・悪かったことを写真付きで公開してくれていることが多いので、自分の家づくりに反映できることが多くあります。

情報収集の方法④ SNS

InstagramなどのSNSも積極的に活用しましょう。

間取りのアイデアを公開しているアカウントも多くあるので、家のイメージを作るのに参考になります。

例えば、Instagramで『#注文住宅』で検索すると注文住宅の間取りや外観、こだわりのポイントが写真付きで出てきます。

自分が家づくりをしたときはInstagramを全然使いこなせていなかったので、今となっては使わなかったことを激しく後悔しています。。。

他にも『#家づくり』や『#マイホーム計画中の人と繋がりたい』といったハッシュタグで多くの情報を得られるので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

日々の生活が忙しいとなかなか情報収集に割ける時間は少なくなりがちですが、今回ご紹介した方法なら簡単に家づくりの情報を集められます。

日々の隙間時間を見つけてこまめに家づくりの情報を集めるようにすると、実際に家の間取りや外観・設備を考えるときにイメージがしやすくなります。

逆に全く情報収集をしないと、建てた後に「ああすればよかった」「こうすればよかった」と後悔が目に付くようになってしまいます。

うまく隙間時間を見つけて、情報収集を行うようにしましょう。

ABOUT ME
あっくん
あっくん
注文住宅業界歴11年の住宅メーカー社員。2017年10月にマイホーム購入。自分の家づくりの後悔をきっかけに家づくりについての情報を発信しています。