家づくりノウハウ

住宅営業の不要なDMを送られないようにする方法

住宅営業の不要なDMを送られないようにする方法

「注文住宅の資料請求をしたら建築会社から頻繁にDMが届くようになった」

ということでお困りの方も多いのではないでしょうか?

建築会社からのDMは、注文住宅を検討中の方にはお得なキャンペーンやイベント情報が手に入るツールです。

一方で他の建築会社に決定してしまった人にとっては、ゴミになってしまう厄介なものでもあります。

ゴミとして捨てるにしても、

  • 個人情報が記載されている宛名を剥がす
  • ビニールと紙ごみを分ける

といった手間がかかるため、DMをゴミに出すのも意外と大きな手間が発生しますよね?

そこで今回の記事では、不要になったDMを受取拒否する方法をご紹介します。

不要になったDMを受取拒否する方法

郵便で届いたDMを受取拒否する方法

郵便で届いたDMを受取拒否する方法は下記のとおりです。

  1. 宛名欄に「受取拒絶」と記載する
  2. 受取拒絶の横に署名もしくは捺印する
  3. ポストに投函する 
1.宛名欄に「受取拒絶」と記載する

DMの宛名欄の空白部分に「受取拒絶」と記載します。

これによって、このDMを受け取る意思が無いことを郵便局に示すことが出来ます。

ペンの種類等に指定はありませんが、私は目立つように赤いマーカーで記載するようにしています。

2.署名もしくは捺印する

「受取拒絶」と記載した近くに署名もしくは捺印を行います。

署名・捺印をすることで、後々「受取拒否した」「受取拒否していない」でトラブルになるのを防止してくれます。

署名、捺印は忘れやすいので必ず行うようにしてください。

3.ポストに投函する

1~2を行ったDMをポストに投函します。

投函されたDMは郵便局を経由して差出先に差し戻されます。

さすがに、DMを受取拒否しているお客さんにDMを送り続ける建築会社はありません。

ほとんどの建築会社がDM送付対象から外してくれるので、不要なDMは届かないようになります。

注意点

受取拒否できるDMは未開封の郵便物に限ります。

開封済みのものはどのような形でも受取拒否することは出来ないのでご注意ください。

クロネコDM便で届いたDMを受取拒否する方法

DMの中にはヤマト運輸のサービス「クロネコDM便」で届くものもあります。

クロネコDM便で届いたDMを受取拒否する方法は以下を行うだけです。

  1. 担当営業所に受取拒否する旨を伝え、集荷を依頼する

担当営業所に受取拒否する旨を伝え、集荷を依頼すると配達員が配送されたDMの集荷を行い、差出先に返送を行います。

郵便の受取拒否と同様に受取拒否の旨が建築会社に伝わるため、以降はDMが届かなくなります。

さいごに

注文住宅のDMだけでなく、不要になったDMは意外と簡単に送付されないようにすることが出来ます。

我が家も受取拒否の方法を知るまではゴミの分別手間などが多く発生して困っていましたが、受取拒否することで現在は不要なDMは送られてこなくなりました。

不要なDMでお困りの方は、ぜひお試しください。

ABOUT ME
あっくん
あっくん
注文住宅業界歴11年の住宅メーカー社員。2017年10月にマイホーム購入。自分の家づくりの後悔をきっかけに家づくりについての情報を発信しています。