施工

【注文住宅】地鎮祭の流れ|施主の出番は2回

地鎮祭の流れ|施主の出番は2回
あっくん
あっくん
この記事では地鎮祭の流れについてご紹介します

家を建てる際に行われる地鎮祭。

多くの人にとって初めての経験になるので「どんなことをするんだろう?」と不安になるかと思います。

この記事では、そんなあなたのために地鎮祭の流れについてご紹介します。

基本的に施主の出番はそれほど多くないので、不安に思わなくても大丈夫ですよ。

地鎮祭の流れ

地鎮祭の流れは以下の通りです。

※地域によっては内容が一部異なる場合があります。

地鎮祭の流れ
  1. 修祓(しゅばつ)
  2. 降神(こうしん)
  3. 献饌(けんせん)
  4. 祝詞奏上(のりとそうじょう)
  5. 切麻散米(きりぬささんまい)
  6. 刈初・穿初(かりぞめ・うがちぞめ)
  7. 鎮物埋納(しずめものまいのう)
  8. 玉串拝礼(たまぐしはいれい)
  9. 撤饌(てっせん)
  10. 昇神(しょうしん)
  11. 直会(なおらい)

修祓(しゅばつ)

祭壇・土地・参列者のお浄めを行います。

神主さんがお祓いをしてくれるので、参列者は起立して少し頭を下げ、お祓いを受けましょう。

降神(こうしん)

神様をお迎えします。

神主さんが神様を祭壇にお迎えしてくれるので、参列者は起立し、少し頭を下げて待ちましょう。

献饌(けんせん)

神様にお供え物を差し上げます。

これも神主さんがやってくれるので、参列者は静かに待ちましょう。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

神様に工事の無事をお祈りする祝詞を捧げます。

参列者は起立し、少し頭を下げて祝詞が読み終わるのを待ちましょう。

切麻散米(きりぬささんまい)

工事を行う土地を清めます。

神主さんが土地の四隅をお浄めしてくれるので、参列者は静かに待ちましょう。

刈初・穿初(かりぞめ・うがちぞめ)

祭壇横に設けられた盛り土に、建築会社と施主でそれぞれ鎌と鍬を入れます。

「エイッ!エイッ!エイッ!」の掛け声とともに3回鍬を入れます。

鎮物埋納(しずめものまいのう)

土地の神様へのお供え物を土の中に埋めます。

実際にその場で埋める場合もありますが、我が家の場合は鎮め物を建築会社に渡し工事開始時に埋めてもらいました。

玉串拝礼(たまぐしはいれい)

玉串をお供えして参拝します。

参列者は玉串を手に取り、順番に祭壇に玉串をお供えします。

撤饌(てっせん)

お供え物をお下げします。

神主さんが行ってくれるので、参列者は静かに待ちましょう。

昇神(しょうしん)

お迎えした神様をお送りします。

参列者は起立し、少し頭を下げて待ちましょう。

直会(なおらい)

お下げしたお供え物を参列者全員で頂きます。

実際にここで建築会社や大工さんを交えてお食事を取る場合もありますが、最近は簡略化されて省略される場合が多くなりました。

あっくん
あっくん
我が家も直会は省略してその場で解散になりました

施主の出番は2回

地鎮祭の流れの中で、施主の出番は

  • 刈初・穿初(かりぞめ・うがちぞめ)
  • 玉串拝礼(たまぐしはいれい)

の2回です。

刈初・穿初では盛り土に掛け声とともに鍬を入れ、玉串拝礼では玉串を祭壇に捧げて拝礼します。

いずれも神事なのでどうしていいかわからないかと思いますが、その都度神主さんがやり方を説明してくれるので安心してください。

さいごに

地鎮祭は基本的に神主さんが進めてくれるので、施主が流れを頭の中に入れておく必要はありません。

出番もそれほど多いわけでは無いので、気負わずに人生に一度の経験を楽しむくらいでちょうどいいかと思います。

ABOUT ME
あっくん
あっくん
注文住宅業界歴11年の住宅メーカー社員。2017年10月にマイホーム購入。自分の家づくりの後悔をきっかけに家づくりについての情報を発信しています。