引き渡し後

水回りトラブルはどこにお願いすればいいの?安心して任せられる水道業者の選び方

水回りトラブルはどこにお願いすればいいの?安心して任せられる水道業者の選び方

水回りにトラブルが発生した場合、どこの業者にお願いするのがいいのでしょうか?

最近ではTVCMに注力していたりチラシやマグネットをポストに投函する水道業者も多いため、何を基準に選べばいいのか逆に困ってしまいますよね?

一方、「手抜き工事をされた」「高額な費用を請求された」といったトラブルも年々増加しています。

この記事ではトラブルに巻き込まれず、安心して依頼できる水道業者の選び方をご紹介します。

水回りトラブルを解決するためのノウハウとして、ぜひお役立てください。

まずは施工会社・管理会社に相談しよう

水回りのトラブルが発生した場合には、一戸建てなら施工業者、マンションや賃貸住宅なら管理会社にまずは連絡しましょう。

施工業者、管理会社に連絡すれば、そこから取引のある水道業者を紹介してもらえる場合があります。

実際、私もトイレのトラブルが起きたときには施工会社に連絡し、そこから水道業者を手配してもらうことが出来ました。

(即日無料で対応して貰えたので非常に助かりました)

頼れる業者がいないときは「水道局指定工事店」を探す

ただ、施工会社が倒産していたり管理会社のアフターサービスが良くなくていい水道業者を紹介してもらうことが出来なかったりする場合もあります。

そんな時は、地域の「水道局指定工事店」を調べて探しましょう。

(「地域名+水道局指定工事店」で検索するか直接水道局に問い合わせると水道局指定工事店が見つかります)

 

近年、水道工事業者をめぐるトラブルが相次いでいます。

手抜き工事をされたり、高額な金額を請求されたり・・・

そんなトラブルを未然に防ぐ一つの指標として見ておきたいのが、水道局指定工事店がどうかです。

水道局指定工事店とは、各地域の水道局から給水装置工事を適正に施工できる水道業者として認定された事業会社のことです。

給水装置を設置する場合には、各自治体に対して申請を行わなければなりません。

申請を行って承認をもらった会社が「水道局指定工事店」です。

水道局指定工事店になっているということは、一定の施工技術を持っていて、ある程度信頼できる水道業者であるという一つの指標として見ることが出来ます。

依頼する前に必ず見積を取っておこう

依頼先が見つかったら、工事の前にまずは見積を取るようにしましょう。

見積を取っておけば工事を行った後に思わぬ費用を請求されるリスクを少なくすることが出来ますし、見積以上に金額がかかった場合に理由を確認することも出来ます。

水道業者とのトラブルで多いのが金額面でのトラブルなので、見積は事前に取っておくようにしましょう。

「見積は出せない」という会社は、水道局指定工事店であっても控えたほうが無難です。

まとめ

水回りのトラブルが起きてしまった場合には、まずは施工会社・管理会社に相談しましょう。

施工会社、管理会社と取引のある水道業者を紹介してもらえる可能性があります。

相談する先が無い・紹介してもらえないという場合には「水道局指定工事店」を探しましょう。

工事の前には必ず事前に見積を取っておくようにして、「思っていたのと違った」という状況になることを防ぐようにしましょう。

ABOUT ME
あっくん
あっくん
注文住宅業界歴11年の住宅メーカー社員。2017年10月にマイホーム購入。自分の家づくりの後悔をきっかけに家づくりについての情報を発信しています。